建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
加藤 春夫 かとう はるお 男   東北支部所属
一級建築士登録番号 271567 (1997 年 2 月 20 日 登録)
勤務先 茅辮ン計 
住所 980-0802   宮城県 仙台市青葉区二日町10-20  
電話番号 022 - 223 - 4280
FAX 022 - 223 - 4297
Eメール subaru5@subarusekkei.com
ホームページURL https://www.subarusekkei.com
学歴 1982年 3月 東北工業大学/工学部/建築学科/卒業
職歴 1983年 〜 1987年 鞄s市設計/仙台市
1987年 〜 2009年 鞄喧k設計計画研究所/仙台市
2009年 〜 茅辮ン計/仙台市
教職歴 2019年 〜 1921年 東北工業大学/建築学部/建築学科/非常勤講師
専門領域
用途種別
幼稚園/小・中・高等学校/他の教育文化施設/保育所/老人福祉施設/障害者福祉施設/診療所・医院/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/寄宿舎・寮/他の住宅
関連分野
業務種別

資格・学位等 一級建築士/工学士
所属団体 2019年 社団法人 日本建築家協会
受賞履歴 2011年 仙台市荒井東復興公営住宅新築 設計者選定プロポーザル最優秀案
2013年 仙台市国際センター駅周辺地区コンベンション施設整備設計者選定プロポーザル最優秀案
2013年 岩沼市玉浦西地区災害公営住宅新築 設計者選定プロポーザル最優秀案
2015年 大崎市上鳴子住宅建設工事 設計者選定プロポーザル最優秀案
2020年 仙台市長町中学校校舎等増改築工事 設計者選定プロポーザル最優秀案
2021年 仙台市黒松小学校校舎等増改築工事 設計者選定プロポーザル最優秀案
社会活動 ・みやぎスマイルサポータープログラムによる活動
・仙台まち美化サポーター(仙台市)
・仙台市の避難所等の応急危険度判定士
代表作品1
作品名仙台市荒井東復興公営住宅団地
<作品にはたした役割>
立場総括・主任技術者
業務内容基本設計及び実施設計・工事監理
設計監理期間2011年 10月 〜 2015年 5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴高層棟2棟298戸と集会所等含む復興住宅。孤立感が生じないコミュニティ形成しやすい空間づくりを提案。
所在地宮城県 仙台市
用途災害公営住宅
構造RC
規模地上11階 延床面積20,865u
竣工年月日2015年 5月
賞・入選など
工事種別新築
代表作品2
作品名大崎市上鳴子住宅建替事業・鳴子温泉住宅団地
<作品にはたした役割>
立場総括・主任技術者
業務内容基本設計及び実施設計・工事監理
設計監理期間2015年 9月 〜 2018年 12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴雪深い地域のコミュニティ形成に配慮し、内部廊下型住棟で囲んだ中庭にホール、ピロティ、集会所を計画。
所在地宮城県 大崎市
用途公営住宅
構造RC
規模地下3階 延床面積6,518u
竣工年月日2018年 12月
賞・入選など
工事種別新築
代表作品3
作品名特別養護老人ホーム 「青葉ふるさと村」
<作品にはたした役割>
立場総括
業務内容基本設計及び実施設計・工事監理
設計監理期間2017年 11月 〜 2019年 12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴100床のユニット型特養。冬場の雪に配慮した1階ピロティ部に駐車場や玄関ホール、各種サービス動線を計画。
所在地宮城県 仙台市
用途特別養護老人ホーム
構造RC
規模地下4階 延床面積5,958u
竣工年月日2019年 12月
賞・入選など
工事種別新築
建築に対する考え方 クライアントの要望や建築物としての機能・性能を満たすことと同時に、地域性や歴史性を踏まえた良質な公共財としての社会性が建築には大事と考えています。建築は人間の社会生活の基盤であることを念頭に置き、敷地の特性、地域資源や環境、地域のバックグラウンド等、価値を整理して魅力ある空間に変換して、豊かな社会生活を創出することが職務であり責任と考えています。
登録建築家番号 20403415 登録建築家資格発行日 2022 年 4 月 1 日
    有効年月日 2025 年 3 月 31 日
戻る