建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
平井 充 ひらい みつる 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 333462 (2009 年 2 月 19 日 登録)
勤務先 株式会社メグロ建築研究所 
住所 153-0064   東京都 目黒区下目黒5-3-12  FUJIMORI目黒ビル3F
電話番号 03 - 6451 - 0722
FAX 03 - 6451 - 0724
Eメール info@meglab.jp
ホームページURL http://meglab.jp
学歴 2004年 3月 工学院大学/工学部/建築学科/卒業
2006年 3月 工学院大学/大学院/建築学専攻/修士課程/修了
2009年 3月 工学院大学/大学院/建築学専攻/博士課程/満期退学
職歴 1995年 〜 1999年 一級建築士事務所マン・テック株式会社/東京
2000年 〜 2006年 吉原設計事務所/東京
2009年 〜 2015年 一級建築士事務所Drawing notes設立/東京
2015年 〜 メグロ建築研究所に改組/東京
教職歴 2004年 〜 2005年 東京工科専門学校/建築工学科/非常勤講師
2006年 〜 2010年 東京工科専門学校/建築工学科/常勤講師
2012年 〜 2018年 工学院大学/建築学部/建築デザイン学科/非常勤講師
2015年 〜 実践女子大学/生活科学部/食生活科学科/非常勤講師
専門領域
用途種別
図書館/美術館/博物館・資料館/植物園・水族館/展示場施設/レク・公園施設/幼稚園/小・中・高等学校/宗教建築/他の教育文化施設/保育所/老人福祉施設/他の福祉施設/病院/診療所・医院/事務所/試験・研究施設/宿泊施設/商業施設/流通施設/工場・倉庫/他の産業施設/庁舎/他の行政施設/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/超高層住宅/寄宿舎・寮/他の住宅
関連分野
業務種別
ランドスケープ   都市計画  
建設マネージメント(PM・CM等)  
資格・学位等 工学修士/一級建築士/学芸員資格
所属団体 2000年 日本建築学会
2009年 東京建築士会
2018年 日本建築家協会
受賞履歴 2015年 福島県復興公営住宅(白虎町団地)プロポーザル 選定
2012年 復興住宅供給システムプロポーザル 広報対象団体選定
2012年 ハコダテものづくりフォーラム事業計画コンペ 入選
2011年 ハコダテものづくりフォーラム設計競技 最優秀賞
2010年 TDYリモデルスマイル作品コンテスト2010 審査員奨励賞
著書・論文 2018年 旧日向別邸/o-cube Vol.191/CLUB OZONE
2017年 モダニズム建築としての築地市場/特集築地礼賛/建築ジャーナル8月号
2016年 ル・コルビュジエという時代といま/NICHE03/NICHE編集部
2015年 技術の伝導者田中豊太郎/NICHE02/NICHE編集部
社会活動 DOCOMOMO Japan 理事
DOCOMOMO Japan 技術専門委員長
日本建築学会「都城市民会館再生活用計画検討特別委員会」 委員
GRHABIP 函館湾岸価値創造プロジェクト 民間委員
旧近藤邸を守る会 代表
代表作品1
作品名寳泉寺客殿庫裏
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本設計から工事完了後の業務まで
設計監理期間2013年 9月 〜 2014年 9月
<作品概要>
プロジェクトの特徴RC造厚肉床壁構造による壁式構造。本堂の耐震改修も行った。
所在地東京都 大田区
用途集会施設、住宅
構造RC
規模地上3階 延床面積846.19u
竣工年月日2015年 12月
賞・入選など
工事種別新築
代表作品2
作品名重箱ハウス
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本設計から工事完了後の業務まで
設計監理期間2014年 7月 〜 2016年 3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴狭隘敷地に快適な住環境を確保した設計。1階RC造、2,3階木造の混構造。
所在地東京都 杉並区
用途専用住宅
構造RC 一部W造
規模地上3階 延床面積138.99u
竣工年月日2017年 3月
賞・入選など
工事種別新築
代表作品3
作品名嵐山カントリークラブクラブハウス
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容マスタープラン作成から基本設計、実施設計、工事完了後の業務まで
設計監理期間2010年 10月 〜 2018年 3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴モダニズム建築の保存改修工事。長期的計画で行っている。
所在地埼玉県 比企郡
用途クラブハウス
構造RC 一部S
規模地下1階 地上2階 延床面積2,626.96u
竣工年月日2018年 3月
賞・入選など
工事種別その他
建築に対する考え方  建築は寿命が長いため、使い手や用途が変わる可能性をもっています。建築の設計は、人の営みの変化においても全体性が失われることのない骨格のデザインだと考えています。そういった骨格をもちながら、私たちの生活における多様性を許容する大らかな建築を目指しています。
 また、近代建築の保存改修の実績を踏まえて、そのような建築の利活用を考えることも現代における重要な社会的活動のひとつだと考えています。
登録建築家番号 20403336 登録建築家資格発行日 2019 年 4 月 1 日
戻る