建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
佐伯 裕武 さえき ひろむ 男   東北支部所属
一級建築士登録番号 299169 (2001 年 2 月 20 日 登録)
勤務先 株式会社 東畑建築事務所 東北支所 設計室
住所 983-0869   宮城県 仙台市宮城野区鉄砲町西1-14  富士フイルムビル8階
電話番号 022 - 292 - 6660
FAX 022 - 292 - 6670
Eメール saeki.hiromu@tohata.co.jp
ホームページURL http://www.tohata.co.jp/
学歴 1996年 3月 東北大学 工学部 建築学科 卒業
1998年 3月 東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻 修士課程修了
職歴 1998年 〜 株式会社 東畑建築事務所
専門領域
用途種別
図書館/小・中・高等学校/大学・各種学校/事務所/商業施設/工場・倉庫/庁舎/一戸建住宅/中高層住宅
関連分野
業務種別

耐震診断  
資格・学位等 一級建築士、福祉住環境コーディネーター、CASBEE建築評価員、被災建築物応急危険度判定士、被災宅地危険度判定士、被災度区分判定・復旧技術者、木造住宅耐震診断・耐震改修技術者
所属団体 2013年 日本建築家協会
受賞履歴 2008年 東北大学(青葉山1)総合実験研究棟(工学系) 公募プロポ 当選
2009年 仮称)中原児童センター 指名プロポ 当選
2009年 東北大学(星陵)加齢医学研究所 国際共同研究センター 公募プロポ 当選
2010年 川根温泉滞在型宿泊施設 指名プロポ 当選
2011年 仙台高専(名取)武道場 公募プロポ 当選
2012年 東北大学(青葉山2)総合研究棟改修 公募プロポ 当選
2012年 キッズデザイン賞「ヤエビョウブの家」
2014年 東北大学(片平)総合研究棟改修U 公募プロポ 当選
2016年 グッドデザイン賞「七読の家」
社会活動 被災建築物応急危険度判定(2011年東日本大震災)
被災住宅に関する相談・サポート活動(2011年東日本大震災)
環境に関する活動(地域の環境保全・清掃活動)
教育に関する活動(インターンシップ推進)
治安・安全に関する活動(地域防犯パトロール)
代表作品1
作品名東北大学 加齢研スマート・エイジング国際共同研究センター
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容実施設計、申請
設計監理期間2009年 4月 〜 2009年 11月
<作品概要>
プロジェクトの特徴「天翔ける花鳥風月」 ファサードを植物・研究者・緑化庇を内包する白い帯で構成し、建築物が生物の成長とともに変化していくことを意図しました。
所在地宮城県 仙台市
用途大学
構造RC
規模地上6階 延床面積3058u
竣工年月日2011年 5月
賞・入選など
工事種別新築
代表作品2
作品名東北大学 数学棟
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容実施設計、申請、各種検討
設計監理期間2012年 4月 〜 2013年 1月
<作品概要>
プロジェクトの特徴「アウトフレームによる耐震改修」 耐震ブレースを用いず、アウトフレームによって耐震性を向上することで、窓からの良好な眺望を維持しました。
所在地宮城県 仙台市
用途大学
構造RC 一部S
規模地上5階 延床面積改修3589u+増築354u
竣工年月日2013年 3月
賞・入選など
工事種別その他
代表作品3
作品名牡鹿売場・牡鹿製氷冷蔵庫
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容基本設計、実施設計、申請、監理
設計監理期間2013年 1月 〜 2016年 3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴「復興の一翼を担う建築物」 半島部の地域雇用の契機となることを願い、魚市場と製氷冷蔵庫を合築しました。
所在地宮城県 石巻市
用途工場
構造S
規模地上2階 延床面積1727u
竣工年月日2016年 3月
賞・入選など
工事種別新築
建築に対する考え方 2011年、応急危険度判定を行い、建築物を貫く木々を見て、大変ショックを受けました。落ち込む間もなく、様々な建築物を診て回り、相談・アドバイスや設計・申請・施工者手配等を行ったことを今でも鮮明に覚えています。
その後、新築だけではなく、耐震診断や改修なども行い、住み手や使い手の”安心”のために、尽力してきました。
私は、残りの人生、東北で活動することで、少しでも復興の手助けになれればと考えています。
登録建築家番号 20403298 登録建築家資格発行日 2017 年 4 月 1 日
    有効年月日 2023 年 3 月 31 日
戻る