建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
柿本 美樹枝 かきもと みきえ 関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 300443 (2001 年 3 月 8 日 登録)
勤務先 MKデザインスタジオ 一級建築士事務所 代表
住所 222-0012   神奈川県 横浜市港北区富士塚2−25−19−2F  
電話番号 045 - 430 - 3177
FAX 045 - 430 - 3176
Eメール m-kakimoto@mk-ds.jp
ホームページURL http://www.mk-ds.jp
学歴 1989年3月 滋賀県立短期大学(現:滋賀県立大学)建築学科卒業
1991年3月 豊橋技術科学大学 建設工学課程卒業
1993年3月 熊本大学大学院 工学研究科建築学専攻修了
職歴 1993年4月〜1996年9月 長谷川逸子・建築計画工房株式会社勤務
 学校など主に公共建築の設計監理に携わる
1997年3月〜2001年10月 ネス・プラン株式会社 取締役設計部長
 集合住宅、商業施設などの設計監理に携わる
2002年3月〜 MKデザインスタジオ一級建築士事務所 開設
 主に戸建て住宅の設計監理に携わり、現在に至る


専門領域
用途種別
一戸建住宅
関連分野
業務種別
設計・監理  
資格・学位等 資格 一級建築士
   福祉住環境コーディネーター2級
学位 工学修士
所属団体 社団法人 日本建築家協会
社団法人 神奈川県建築士会
こども環境学会
受賞履歴 こども環境学会2007年大会優秀ポスター発表賞
社会活動 社団法人神奈川県建築士会「子どもの生活環境部会」に所属し、子ども向けの住まいやまちを考えるワークショップ、家庭科や総合学習の授業支援を行っている。
代表作品1
作品名横浜の家
<作品にはたした役割>
立場共同設計・監理
業務内容基本設計から工事完成業務まで
設計監理期間2002年3月〜2002年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴自然素材を多用した二世帯住宅
所在地神奈川県横浜市
用途個人住宅
構造木造在来工法
規模地上2階 地下1階 延床面積248.30m2
竣工年月日2002年12月
賞・入選など
代表作品2
作品名三鷹の家
<作品にはたした役割>
立場共同設計・監理
業務内容土地選定の助言から基本設計〜工事完成業務及び一年点検業務まで
設計監理期間2002年10月〜2003年10月
<作品概要>
プロジェクトの特徴狭い敷地ながら内外の、のびのびとした子育て空間を実現
所在地東京都三鷹市
用途個人住宅
構造木造在来工法
規模地上2階建て 延床面積99.61m2
竣工年月日2003年10月
賞・入選など
代表作品3
作品名東近江の家
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本設計〜工事完成業務まで
設計監理期間2006年8月〜2008年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴地場木材を活用、気候風土を考慮したデザイン形態と性能を持つ住まい
所在地滋賀県東近江市
用途個人住宅
構造木造在来工法
規模地上2階建て 延床面積148.22m2
竣工年月日2008年3月
賞・入選など
代表作品4
作品名 Chocolate House
<作品にはたした役割>
立場責任ある立場
業務内容設計・監理
設計監理期間2007年11月〜2009年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴~中庭玄関のある住まい~道路と高低差のある細長い変形敷地に、中庭玄関で採光と通風を確保。国産杉総板張りの外観。木の温かみを感じる住まい。
所在地神奈川県藤沢市
用途一戸建て住宅
構造木造在来軸組工法2階建て
規模延床面積106.10m2
竣工年月日2009年4月22日
賞・入選など
代表作品5
作品名呼吸する住まい
<作品にはたした役割>
立場責任ある立場
業務内容設計・監理
設計監理期間2010年10月〜2012年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴内外空間とも国産木材スギ・ヒノキを活用した住まい。東日本大震災後の教訓を活かし、制振ダンパーと太陽光発電を採用。
所在地神奈川県横浜市戸塚
用途一戸建て住宅
構造木造在来軸組工法2階建て
規模延床面積102.52m2
竣工年月日2012年3月
賞・入選など
代表作品6
作品名陽だまりホールのある保育園
<作品にはたした役割>
立場責任ある立場
業務内容設計・監理
設計監理期間2010年10月〜2012年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴国産製材を用いた燃え代の柱、梁あらわしの空間。天井高さを確保した木造平屋のこども達の第2の我が家。
所在地神奈川県相模原市
用途保育所
構造木造平屋建て在来軸組工法
規模延べ床面積629.48m2
竣工年月日2012年3月
賞・入選など
建築に対する考え方 ○建築づくりは、伝統や良きものを後世に残しながらも、未来を切り開く技術の開発や進歩を伴うものづくりである。
○自然には敵わないという畏怖の念を持ちつつ、美しさ、快適さを空間づくり環境づくりで追求して行きたい。
○主役はあくまで使い手であり住み手である。建築はその背景として五感を刺激しつつ、生命や人の営みを育む役割を担う空間や環境と考える。
登録建築家番号 20402804 登録建築家資格発行日 2009 年 4 月 1 日
    有効年月日 2018 年 3 月 31 日
戻る