建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
石川 洋美 いしかわ ひろみ 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 34466 (1961 年 4 月 28 日 登録)
勤務先 株式会社石川洋美建築計画研究室 代表取締役社長
住所 153-0063   東京都 目黒区目黒1−3−31パビヨン目黒201  
電話番号 03 - 3493 - 0502
FAX 03 - 3495 - 3495
Eメール hiro.issy@joy.ocn.ne.jp
学歴 早稲田大学第二理工学部建築学科 1958年3月卒業
職歴 1958年4月 芝浦工業大学工学部建築学科助手
1979年4月 芝浦工業大学工学部建築学科教授
1978年10月 学校法人芝浦工業大学常務理事
1991年6月 同上 理事長
2004年3月 同上退職
2004年4月 株式会社石川洋美建築計画研究室 代表取締役社長
教職歴 1958年4月〜2004年3月 芝浦工業大学工学部建築学科助手、助教授、教授
専門領域
用途種別
美術館/博物館・資料館/植物園・水族館/展示場施設/レク・公園施設/大学・各種学校/宗教建築/宿泊施設/商業施設/庁舎/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅 /記念碑/オフィスビル/造園/修景
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理   ランドスケープ   都市計画   再開発・地区整備  
資格・学位等 一級建築士
所属団体 日本建築家協会、日本建築学会、日本観光研究学会、日本レクリエーション学会
受賞履歴 平成20年 秋の叙勲一旭日中綬章
著書・論文 観光振興実務講座(共著)−(社)日本観光協会、新時代の観光戦略(共著)、観光リクリエーション施設の計画(共著)、観光開発の手法(共著)、公共の宿(設計資料54)、温泉クアハウス(建築設計資料82)、技術による国際貢献を目ざして(大学時報’94−7月)
社会活動 宮崎県観光審議会委員、日本観光協会観光振興イベント委員会委員長、その他国、県等の観光関係委員
代表作品1
作品名殉国学徒慰霊塔
<作品にはたした役割>
立場設計・監理主担当(設計事務所主宰者)
業務内容建築設計・修景計画、総括
設計監理期間1965年6月〜1967年9月
<作品概要>
プロジェクトの特徴戦没学徒の慰霊碑、金部材(掟・梁・壁)PC造
所在地長野県東筑摩郡本郷村(現松本市)
用途記念碑、展望台
構造全部材PC,PS造
規模建築面積225.28m2、床面積68.14m2
竣工年月日1967年9月
賞・入選など
代表作品2
作品名千葉県立風土記の丘資料館
<作品にはたした役割>
立場設計・監理主担当(設計事務所主宰)
業務内容建築設計・修景計画 総括
設計監理期間1972年5月〜1975年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴古墳集合地に建つ資料館と風土記の丘全体計画
所在地千葉県印幅郡栄町
用途展示・資料館
構造R・C2階、地下1階
規模建築面積1,458.85m2、延床面積2,600m2
竣工年月日1975年12月
賞・入選など
代表作品3
作品名ウダツのあがった家一半村邸
<作品にはたした役割>
立場設計・監理主担当(事務所主宰者)
業務内容設計・監理 総括
設計監理期間1975年8月〜1975年11月
<作品概要>
プロジェクトの特徴鉄筋コンクリート2層、屋根は木造で混構造
所在地東京都世田谷区
用途個人住宅
構造2階の軒下までRC、屋根は木造トラス
規模床面積199,409m2
竣工年月日1976年7月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築は人間環境づくりへの奉仕。そのときどきの全身全霊をかけて遂行すべきもの。
登録建築家番号 20402695 登録建築家資格発行日 2009 年 4 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る