建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
関 洋之 せき ひろゆき 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 140189 (1980 年 2 月 29 日 登録)
勤務先 (株)梓設計 設計本部 構造部
住所 140-0002   東京都 品川区東品川2-1-11                    
電話番号 03 - 6710 - 0777
FAX 03 - 6710 - 0464
Eメール seki206@azusasekkei.co.jp
ホームページURL http://www.azusasekkei.co.jp/
学歴 早稲田大学理工学部建築学科 1977年3月卒業
早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻 1979年3月卒業
職歴 1979年4月 (株)梓設計 入社
1979年4月-94年6月 構造部にて構造設計監理(工場・事務所・庁舎等)
1994年7月-95年3月 国際部にて西アフリカの病院の設計
1995年4月-96年5月 西アフリカコ-トジボワ-ルにて病院の現場常駐監理
1996年6月-00年6月 設計本部にて埼玉スタジアム2002の設計監理
2000年7月-08年6月 設計本部 構造部 部長
2008年7月-14年9月 品質保証室 室長 常務執行役員
2015年9月-現在    監理室 室長 専務執行役員
教職歴 2001年-2003年 早稲田大学芸術学校にて建築工学特論1の講義
2003年       前橋工科大学にて工学特論の講義
専門領域
用途種別
社会教育・研修施設/屋内体育施設/屋外競技場施設/病院/事務所/交通施設/工場・倉庫/一戸建住宅
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理  
耐震診断  
資格・学位等 構造設計一級建築士/JSCA建築構造士/構造計算適合判定資格者/APECエンジニア/IPEA国際エンジニア
所属団体 (一社)日本建築学会(1979年-)
(一社)日本建築構造技術者協会(1988年-)
(公社)日本建築家協会(1991年-)
(非営)日本モデルロケット協会(1996年-)
(一社)日本宇宙エレベーター協会(2008年-)
(公社)日本鉄筋継手協会(2015年-)
著書・論文 1993年 建築物荷重指針・同解説(共同執筆)日本建築学会
2002年 ヴィジュアル版建築入門3「建築の構造」(共同執筆)彰国社
2010年 スパッとわかる建築構造(共同執筆)エクスナレッジ
2015年 海洋建築の計画・設計指針(共同執筆)日本建築学会
社会活動 (社)日本建築家協会関東甲信越支部の首都圏建築相談室員として、一般の市民に対する無料建築相談を行っている。
代表作品1
作品名自邸
<作品にはたした役割>
立場建て主と設計監理者
業務内容企画/基本設計/現場監理
設計監理期間1999年4月-2000年11月
<作品概要>
プロジェクトの特徴家族全員での家づくりと他の建築家とのコラボレ-ション
所在地埼玉県上福岡市
用途一戸建住宅
構造木造
規模地上2階 述床面積116m2
竣工年月日2000年11月
賞・入選など
代表作品2
作品名埼玉スタジアム2002
<作品にはたした役割>
立場構造統括
業務内容実施設計/現場監理
設計監理期間1996年11月-2000年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴サッカ-ワ-ルドカップ2002準決勝会場
所在地埼玉県さいたま市
用途サッカ-専用競技場
構造鉄骨鉄筋コンクリ-ト造+鉄骨造
規模地上6階地下1階 述床面積67,908m2
竣工年月日2001年5月
賞・入選など
代表作品3
作品名象牙海岸共和国ココディ大学病院センタ-
<作品にはたした役割>
立場現地代表者
業務内容実施設計/現場常駐監理
設計監理期間1995年4月-1996年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴日本政府の無償援助
所在地西アフリカ コ-トジボア-ル アビジャン
用途病院
構造鉄筋コンクリ-ト造
規模地上2階 述床面積3,386m2
竣工年月日1996年8月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築は全ての人々の財産です。大規模な公共施設から小さな一戸建住宅まで、建て主だけでなくそれに関わる全ての人々にとって良いものを提案し、実現していきたいと考えます。建築は社会に大きな影響を与えます。決して自分自身が良いと思うものを強引に提案することなく、人々と共に謙虚に考え、場合によっては建てない方が良いと提案できる勇気も持ちたいと思います。
登録建築家番号 20400426 登録建築家資格発行日 2004 年 4 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る