建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
寺本 敏則 てらもと としのり 男   近畿支部所属
一級建築士登録番号 44168 (1964 年 2 月 29 日 登録)
勤務先  
住所 -   兵庫県  
電話番号 - -
FAX - -
Eメール teramoto@jade.plala.or.jp
学歴 早稲田大学第1理工学部建築学科 1959年3月卒業
職歴 1959年 (株)日建設計大阪本社に入社、以降設計・監理に従事。1978年設計部長。
1988年 取締役に就任。大阪第二事務所長、大阪設計担当役員、大阪スタジオ所長、大阪設計室長、プレゼンテーション室長を兼務。
1999年 参与、特定プロジェクト担当。
2002年 (株)日建設計を退任。
2002年11月 (株)E環境設計を設立、主宰。現在に至る。
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/美術館/博物館・資料館/展示場施設/宗教建築/老人福祉施設/他の福祉施設/事務所/宿泊施設/商業施設/一戸建住宅/中高層住宅/超高層住宅 /総合福祉センター/テラスハウス/
関連分野
業務種別
設計・監理   ランドスケープ  
建設マネージメント(PM・CM等)   改修  
資格・学位等 インテリアプランナー(88-10229)
マンションリフォームマネージャー(21-0112)
所属団体 社団法人 日本建築家協会
社団法人 日本建築学会
受賞履歴 1976〜87年BCS賞/別子銅山記念館、鐵鋼会館、三和東京ビル、ひろしま美術館、大分市庁舎、和歌山市民会館、ツイン21、
松江市文化センター。
1990年大阪建築コンクール/イトーキギャラリー。
1992年プロポーザル当選/兵庫県芸術文化センター。
1992年大阪都市景観建築賞/ツイン21、93年魚の棚筋計画、95年キーエンス本社、98年大阪ドーム。
1993年公共建築賞/高知市自由民権記念館、95年新居浜市別子銅山記念図書館。
1995年JSCA賞/愛媛県歴史文化博物館。1996年日本建築学会作品選奨/大阪WTCビル。
1998年兵庫県街づくり賞/加古川ウェルネスパーク。(日建設計在任中)
著書・論文 1995年 大阪ワールドトレードセンタービル(記念出版本)寄稿
1995年 “山並みの記憶”とウォーターフロントの夢 建築画報253 特集日建設計
1997年 愛媛県歴史文化博物館 2001年 別子銅山記念館・図書館 日建ライブラリー
社会活動 (社)日本建築家協会の理事を1999年度より2002年度まで務めた。2002年度大阪都市景観建築賞選考委員。大阪府堺市景観審議会委員。
代表作品1
作品名愛媛県歴史文化博物館
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1991年11月〜1994年10月
<作品概要>
プロジェクトの特徴南予の山並みのなかに、分節した建築をおさめる
所在地愛媛県東宇和郡宇和町卯之町
用途博物館
構造鉄筋コンクリート造・鉄骨造
規模地上2階 延床面積17,240m2
竣工年月日1994年10月
賞・入選などJSCA賞
代表作品2
作品名キーエンス本社・研究所
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1991年6月〜1994年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴センサー専門メーカーである企業を表徴するビル
所在地大阪市東淀川区
用途本社オフィス
構造鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造
規模地下1階・地上21階建 延床面積21,633m2
竣工年月日1994年7月
賞・入選など大阪都市景観建築賞 日本建築学会作品選集 国際構造工学会優秀構造賞 グッドデザイン賞他
代表作品3
作品名大阪ワールドトレードセンタービル
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1990年1月〜1995年2月
<作品概要>
プロジェクトの特徴大阪のウォーターフロント開発のシンボルタワー
所在地大阪市住之江区
用途オフィス 複合商業施設
構造鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地下3階地上55階建 延床面積149,296m2
竣工年月日1995年2月
賞・入選など日本建築学会作品選奨 大阪都市景観建築賞 国際照明学会賞 日本建築士事務所協会作品表彰
建築に対する考え方 建築は、芸術と諸分野のテクノロジーを統合するという高邁な行為によって生みだされる。これにたずさわる建築家の職能を支えるものは、自らの情熱(パッション)と社会に向う使命感(ミッション)であることを自覚したい。建築は人々の眺めの中の風景に存在する。地球環境の一部として美しく存在するものだ。人々に愛されながら役割を果たし、そこに根付いて長く生き続けるものに違いない。
時代の変化を越えて、建築家にはこの貴高く神聖ともいうべき責務を果すことが求められている。
登録建築家番号 20400930 登録建築家資格発行日 2004 年 5 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る