建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
三井所 清典 みいしょ きよのり 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 55081 (1967 年 12 月 20 日 登録)
勤務先 株式会社アルセッド建築研究所 代表取締役
住所 150-0002   東京都 渋谷区渋谷1-20-1-5F  
電話番号 03 - 3409 - 4532
FAX 03 - 3409 - 3409
ホームページURL http://www.alsed.co.jp
学歴 1963年3月 東京大学工学部建築学科卒業
1965年3月 東京大学大学院数物系研究科建築学専攻修士課程卒業
1968年3月 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了
職歴 1963年4月1日 RAS建築研究所入社 在職期間7年5ヶ月 1970年8月解散
1970年8月   アルセッド建築研究所設立主宰現在に至る。在職期間33年5ヶ月
教職歴 1968年4月 芝浦工業大学工学部講師就任
1973年   同上       助教授
1982年   同上       教授
2006年4月 芝浦工業大学名誉教授  現在に至る
専門領域
用途種別
劇場・会議場/美術館/屋内体育施設/幼稚園/小・中・高等学校/保育所/老人福祉施設/障害者福祉施設/診療所・医院/試験・研究施設/庁舎/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅
関連分野
業務種別
設計・監理  
改修  
資格・学位等 一級建築士/インテリアプランナー
工学修士
所属団体 社団法人日本建築家協会
社団法人東京建築士会
社団法人日本建築学会
社団法人都市住宅学会
受賞履歴 1981年建築業協会賞 1982年日本サインデザイン協会賞 1983年日本建築学会賞・作品部門 1990年福岡県建築住宅文化大賞・いえなみ部門 1991年千葉市優秀建築賞 1993年佐賀県快適建築賞・知事賞 1993年建築業協会賞・特別賞 1995年東京都建築賞・最優秀賞 1995年建築業協会賞 1995年 豊の国木造住宅最優秀賞 1997年日本建築学会作品選集・作品選奨 1997年建築業協会賞 1998年住みよい福祉のまちづくり施設賞 1998年奈良県景観調和デザイン賞・知事賞 1999年木材活用コンクール最優秀賞・林野庁長官賞 2002年宮崎県木造建築設計コンクール・最優秀賞
著書・論文 領域を越えて-(社)新日本建築家協会関東甲信越支部業務部会編・共著/幕張ベイタウン物語・幕張コミュニティーフォラム編・共著/家づくりの極意・立松久昌編・共著 建築資料研究社/地域に根ざした家づくり・町並みづくり-論文・住宅総合研究所年報No261
社会活動 NPO法人木の建築フォラム代表理事として木造建築の技術の普及、特に大断面木造建築への大工・工務店の参加推進と地域のすまいづくり、まちづくり活動の支援に努めている。
代表作品1
作品名佐賀県立九州陶磁文化館
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画、基本計画、基本設計、実施設計、工事監理
設計監理期間1977年9月〜1980年10月
<作品概要>
プロジェクトの特徴地域の風景、風土になじみ、親しみを感じる
所在地佐賀県西松浦郡有田町
用途陶磁器の美術館
構造鉄筋コンクリート造
規模地上2階(一部3階)、延床面積5,967m2
竣工年月日1980年10月
賞・入選など1981年建築業協会賞、1982年SDA賞、1983年日本建築学会賞作品部門
代表作品2
作品名東京都立晴海総合高等学校・東京都立短期大学
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本計画、基本設計、実施設計及び工事監理
設計監理期間1992年9月〜1998年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴フレキシビリティの高い沿道型校舎
所在地東京都中央区晴海
用途高等学校及び短期大学
構造鉄骨コンクリート造
規模地上7階、延床面積36,585m2
竣工年月日1998年3月
賞・入選など1997年建築業協会賞、2000年日本建築学会作品選集
代表作品3
作品名宮崎県木材利用技術センター
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容調査企画、基本計画、基本設計、実施設計監理
設計監理期間1998年8月〜2001年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴林産地で官民一体での目的達成を目指す地域施設
所在地宮崎県都城市
用途木材の利活用を研究開発及び普及を推める研究所
構造大断面木造
規模地上1階、延床面積5,240m2
竣工年月日2001年7月
賞・入選など宮崎県木造建築物設計コンクール最優秀賞(2002年)
建築に対する考え方 地域に根ざす建築的環境の創造を主題に建築設計活動を行っている。それは現地の気候風土、歴史文化、社会経済、景観や風景さらに地元の人々の心情の反映するものである。技術的には従来の技術を尊重しつつ、常になにかしら新しい技術を加え、現代の息吹きが感じられる環境を提案している。そうしてできる建築は長期耐用性、耐久性にすぐれ、環境の保全に寄与するものであることを願っている。最近はわが国の木造技術を継承するデザインの展開に務め、木造建築の復活を目指している。
登録建築家番号 20400923 登録建築家資格発行日 2004 年 5 月 1 日
    有効年月日 2020 年 3 月 31 日
戻る