建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
賀村 智 かむら さとる 男   四国支部所属
一級建築士登録番号 68009 (1970 年 7 月 16 日 登録)
勤務先 (株)建築工学研究所 代表取締役
住所 790-0854   愛媛県 松山市岩崎町2−4−39  
電話番号 089 - 946 - 3188
FAX 089 - 946 - 3196
Eメール kkkkk@crocus.ocn.ne.jp
学歴 横浜国立大学工学部建築学科 1965年3月卒業
職歴 1965年4月〜1969年1月 (株)小河建築設計事務所設計部にて学校、病院、オフィスビル、企業団地等の設計に携わる。
1970年3月〜1971年12月 (株)K構造研究所設計部にて庁舎、学校、オフィスビル等の設計に携わる。
1971年12月〜1976年8月 (株)愛媛土地一級建築士事務所にて管理建築士として住宅団地ニュータウン計画、寺社、オフィスビル、集合住宅当の設計に携わる。
1977年8月〜現在 (株)建築工学研究所設立。代表取締役として現在に至る。
専門領域
業務種別
設計・監理   都市計画  
専門領域
用途種別
図書館/屋内体育施設/小・中・高等学校/宗教建築/老人福祉施設/病院/診療所・医院/事務所/宿泊施設/商業施設/一戸建住宅/中高層住宅/寄宿舎・寮
資格・学位等 二級小型船舶操縦士
所属団体 社団法人 日本建築家協会
社団法人 日本建築学会
社団法人 愛媛県建築事務所協会
受賞履歴 1993年 今治市都市景観建築賞
1994年 今治市都市景観建築賞
1996年 今治市都市景観建築賞
1996年 松山市都市景観賞
1999年 今治市都市景観建築賞
2007年 今治市まちなみ景観賞
著書・論文 1983年 環境工学社スクールサイエンス「田口メモリアルプール、合理的設計手法」
1998年 日本建築学会 地方都市研究「三津地区の調査とタウンマネージメント提案」
2003年 京都大学 財政学研究「サスティナブルシティー、松山市の報告」
社会活動 1995年 阪神大震災時、長田区の要請でJIA愛媛地域会数名で被害調査、報告実施
2004年 新潟県中越地震時、川口町の要請でJIA愛媛地域会数名で被害調査、報告実施
代表作品1
作品名マリーンヴィラ 「ブルーエンジェル」
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成迄の全ての業務
設計監理期間1990年4月〜1992年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴瀬戸内の絶景を活かしたマリーナリゾート施設
所在地愛媛県松山市
用途マリーナ付属リゾート共同住宅
構造鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上14階PH付、4230m2
竣工年月日1992年7月
賞・入選など
代表作品2
作品名老人保健施設 「ミネルワ」
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成迄の全ての業務
設計監理期間1994年1月〜1995年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴老人に安らぎと生きがいを感じてもらう老健施設
所在地愛媛県松山市
用途老人保健施設
構造鉄筋コンクリート造
規模地上3階PH付、3827m2
竣工年月日1995年5月
賞・入選など松山市都市景観賞
代表作品3
作品名横山病院
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成迄の全ての業務
設計監理期間1998年6月〜1999年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴三代続く医師のリニューアル病院
所在地愛媛県小松町
用途病院
構造鉄筋コンクリート造
規模地上3階PH付、2235m2
竣工年月日1999年12月
賞・入選など
代表作品4
作品名CITY&FRONT
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成迄の全ての業務
設計監理期間2008年7月〜2009年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴文教地区に相応しい外観・省エネ設計
所在地愛媛県松山市
用途事務所・住居
構造RC造
規模地上4階・延床面積877m2
竣工年月日2009年7月
賞・入選など
代表作品5
作品名渡辺病院
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成迄の全ての業務
設計監理期間-
<作品概要>
プロジェクトの特徴松山空港に近い工業・準工業地域で、工事・事務所関係等の多い所です。先端医療施設でありながら、患者の側に立った人間味のある医療環境を心掛けて設計しました。
所在地愛媛県松山市
用途病院
構造RC造・4階建
規模敷地面積 3,275.86 u 延床面積 3,015.22 u
竣工年月日平成23年12月
賞・入選など
建築に対する考え方 人工物である「建築」は施主の財産であると同時に社会的財産である。町並、都市、資源、環境等の社会的な面に於いて国家と市民のコンセンサスは未だ先進国に劣っています。建築家が建築の社会性について議論を深め、高いレベルの社会的コンセンサスを得ることによってのみ建築に対する考え方をあるべき方向に向けられると考えています。建築基準法に資源、環境、芸術性、都市等の要素が盛り込まれる時代の必要性を感じています。
登録建築家番号 20401213 登録建築家資格発行日 2004 年 11 月 1 日
    登録建築家資格最終更新日 2014 年 4 月 1 日
戻る