建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
伊藤 學 いとう がく 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 22152 (1955 年 1 月 31 日 登録)
勤務先 一級建築士事務所 學建築研究所 所長
住所 162-0801   東京都 新宿区山吹町350  RM早稲田301
電話番号 03 - 3268 - 7029
FAX 03 - 3268 - 7039
Eメール gakuken@seagreen.ocn.ne.jp
学歴 早稲田大学理工学部建築学科 1952年3月卒業
早稲田大学大学院建築計画修士課程 1956年3月終了
職歴 1955年  學建築研究所 創立
1959年〜 一級建築士事務所 學建築研究所 設立登録
教職歴 1965年〜 専門学校・東洋美術学校 講師
1971年〜1997年 武蔵野美術大学 非常勤講師
専門領域
用途種別
幼稚園/宗教建築/他の教育文化施設/保育所/病院/診療所・医院/事務所/宿泊施設/商業施設/工場・倉庫/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/他の住宅/その他 //飯田橋修景事業
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理   ランドスケープ  
改修  
資格・学位等 工学修士 一級建築士 インテリアプランナー
所属団体 社団法人 日本建築家協会
社団法人 日本建築学会
東京建築家協同組合
NPOコープ住宅推進協議会
受賞履歴 1953年 琉球政庁立法院競技設計 第一位入選(主任)
1955年 サンパウロビエンナーレ第一回学校単位競技設計
      第一位入選(共同)
1963年 石綿スレート住宅競技設計 入選
1965年 建築年鑑賞(入選)
1968年 出版平和堂指名競技設計 第一席
1993年 RM建築賞
著書・論文 1983年 建設省委託 不同沈下等防止技術開発指針策定(共同)/財団法人 日本建築センター 、 1980〜2002年 年刊「くらしの豆知識」(共著・共同監修)/特殊法人国民生活センター 、 1979年 建築家の考えたマイホーム(共著)/鳳山社  ※その他多数
社会活動 1976〜2001年 特殊法人 国民生活センター土地住宅相談 顧問
1977年〜 欠陥住宅を正す会 顧問
1996年〜 欠陥住宅被害全国連絡協議会 幹事、同関東連絡協議会 副代表
2000年〜 東京3弁護士会、住宅紛争審査会紛争処理委員
代表作品1
作品名出版健保会館
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1964年2月〜1965年10月
<作品概要>
プロジェクトの特徴中間階連続大空間と1.2m単位自由間仕切り
所在地東京都文京区春日2丁目20番7号
用途保健施設・事務所
構造鉄筋コンクリート造
規模地下1階、地上3階(塔屋2階)
竣工年月日1965年10月31日
賞・入選など
代表作品2
作品名彰国ビル
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1963年〜1964年(増築1968年)
<作品概要>
プロジェクトの特徴中間階連続建てによる連携効率向上と建設費軽減
所在地東京都新宿区坂町25番地
用途事務所
構造鉄筋コンクリート造
規模地上6階
竣工年月日1964年
賞・入選など1965年 建築年鑑賞・入選
代表作品3
作品名RM早稲田
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1991年〜1993年
<作品概要>
プロジェクトの特徴最大面積確保、近隣障害回避、維持管理軽減
所在地東京都新宿区山吹町350
用途住宅
構造RM造
規模地下1階、地上3階
竣工年月日1993年7月
賞・入選など1993年 RM建築賞
建築に対する考え方 作り手の個人的好みによる造形や勝手な事情を、住まい手・使い手に押し付けない。住まい手・使い手や建築法令による諸条件を、過不足なく満たし、あるべき住空間に統一。建築の寿命を左右するのは、確かな物造りと、可能な限り大きくした空間の区分け・使いまわし。気候風土・周辺環境への思いやりと調和が大切。
登録建築家番号 20401342 登録建築家資格発行日 2004 年 11 月 1 日
    有効年月日 2020 年 3 月 31 日
戻る