建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
苅谷 哲朗 かりや てつろう 男   東北支部所属
一級建築士登録番号 183394 (1984 年 3 月 20 日 登録)
勤務先 秋田県立大学システム科学技術学部 建築環境システム学科 計画学講座
住所 015-0055   秋田県 由利本荘市土谷土谷字海老ノ口84-4  
電話番号 0184 - 27 - 2942
FAX 0184 - 44 - 8197
Eメール t-kariya@akita-pu.ac.jp
学歴 東京大学工学部建築学科 1980年3月卒業
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程 1982年3月卒業
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程 1998年3月卒業
職歴 1980年4月〜82年5月 設計共同
1982年4月 丹下健三・都市・建築設計研究所,建築家
1991年4月 同 取締役設計担当,プリンシパル・アーキテクト
1994年3月 同 退社
1994年5月 空間計画研究所設立
1999年10月 空間・計画研究所に改組
専門領域
業務種別
設計・監理   都市計画   再開発・地区整備  
改修  
専門領域
用途種別
劇場・会議場/大学・各種学校/病院/診療所・医院/事務所/宿泊施設/商業施設/交通施設/庁舎/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅
資格・学位等 東京大学大学院 工学修士 1982年3月
東京大学大学院 博士(工学) 1998年3月
所属団体 社団法人 日本建築家協会(1987年〜)
社団法人 日本建築学会(1980年〜)
人間・環境学会(1999年〜)
受賞履歴 1994年 癒しの場─地方都市にたつ小さなホスピス(設計競技案─佳作)共同設計
著書・論文 丸善エンサイクロペディア大百科(共同執筆)建築関係部分担当,1995,丸善
日本建築学会計画系論文集 7編(一部共同執筆),(社)日本建築学会
人間・環境学会誌 審査付原著論文 2編,人間・環境学会(MERAジャーナル)
社会活動 1980〜82年 日本建築学会建築計画委員会設計方法小委員会 オブザーバー
1996〜97年 自治体フェア’97準備委員会 委員
1999〜2001年 日本建築学会環境工学委員会 理念と方法WG 委員
代表作品1
作品名吉祥寺の家
<作品にはたした役割>
立場全体統括・設計監理
業務内容企画から設計監理まで
設計監理期間1980年4月〜1982年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴中庭を持つ2所帯住宅
所在地東京都武蔵野市吉祥寺
用途住宅
構造鉄筋コンクリート壁構造
規模地上2階建 延床面積240m2
竣工年月日1982年5月
賞・入選など
代表作品2
作品名グランテクラン
<作品にはたした役割>
立場設計担当主任(意匠)
業務内容都市計画から設計監理まで
設計監理期間1984年11月〜1992年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴イタリア広場に開いたアトリウムを持つパリ市第七芸術センター
所在地フランス パリ市イタリア広場
用途映像芸術センター・事務所・ホテル・ショッピングセンター
構造鉄筋コンクリート造+鉄骨造 混構造
規模地上10階地下2階建 延床面積42,000m2
竣工年月日1992年7月
賞・入選など
代表作品3
作品名ラ・クーポラ
<作品にはたした役割>
立場全体統括・設計監理
業務内容企画から設計監理まで
設計監理期間1987年12月〜1994年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴構造用集成材垂木構造のドームをもつ山荘
所在地長野県北佐久郡軽井沢町
用途別荘
構造鉄筋コンクリート造+集成材垂木構造 混構造
規模地上2階建 延床面積99m2
竣工年月日1994年4月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築とは施主をデザインすることであります。施主がどのような夢と機能的要求を持ち、どの様な住まい方を欲しているかをデザインするという意味で、また、施主にどの様な夢を持っていただき、どの様な機能を提供し、どの様な住まい方をしていただくという意味で、まさに両極端な二面性を持っています。そして、その相矛盾するかもしれない要因をまとめあげてゆくのが、建築設計のコンセプトであり、建築設計そのものなのであります。
登録建築家番号 20400056 登録建築家資格発行日 2004 年 4 月 1 日
    登録建築家資格最終更新日 2013 年 4 月 1 日
戻る