建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
境 静也 さかい しずや 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 156530 (1982 年 1 月 30 日 登録)
勤務先 (株)佐藤総合計画 執行役員第一設計室長
住所 130-0015   東京都 墨田区横網2-10-12  AXSビル
電話番号 03 - 5611 - 7213
FAX 03 - 5611 - 7224
学歴 1980年3月 千葉大学大学院工学研究科建築学専攻修了
職歴 1980年4月 轄イ藤武夫設計事務所(現轄イ藤総合計画)入社
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/美術館/博物館・資料館/展示場施設/屋内体育施設/屋外競技場施設/レク・公園施設/幼稚園/小・中・高等学校/大学・各種学校/盲・ろう・養護学校/事務所/庁舎/超高層住宅
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理   再開発・地区整備  
資格・学位等 ファシリティーマネ−ジャー
所属団体 社団法人 日本建築家協会(1999年4月〜)
受賞履歴 1996年 SDA賞(高齢者就業総合センター)
1996年 BCS賞(AXSビル)
1999年 山口建設技術協会賞(山口県産業技術センター)
1997年 SDレビュー入選(佐賀県立宇宙科学館“ゆめぎんが”)
1997年 デジタルデザインコンペ優秀賞(佐賀県立宇宙科学館“ゆめぎんが”)
2001年 日本建築学会作品選集2001(佐賀県立宇宙科学館“ゆめぎんが”)
2002年 神奈川建築コンクール奨励賞(日大生物資源科学部本部本館棟)
代表作品1
作品名AXSビル
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1993年10月〜1995年6月
<作品概要>
プロジェクトの特徴佐藤総合計画本社プロジェクト。施設と街とのかかわりに配慮し、街に対して白樫の大木とポケットパークを提供し、施設内にもこれに面したリフレッシュコーナーを配置。
所在地東京都墨田区
用途事務所
構造SRC,S造
規模地上7階 4171u
竣工年月日1995年6月
賞・入選など第37回建築業協会賞  1996年
代表作品2
作品名日本大学理工学部駿河台校舎1号館
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1999年7月〜2002年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴理工学部のシンボルとして親しまれてきた1号館の建て替えプロジェクト。L型のカレッジコリドールが都市とインタラクティブに呼応し都市に開かれたキャンパスを創出。
所在地東京都千代田区
用途大学
構造RC,S造
規模地上7階 地下1階  10151u
竣工年月日2002年12月
賞・入選など
代表作品3
作品名日本大学生物資源科学部 新本館・実験棟
<作品にはたした役割>
立場意匠主任
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1997年4月〜2001年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴学部新設に伴い湘南キャンパスに事務機能と4学科を移転するプロジェクト。広大なキャンパスの核となる中心性とキャンパスの結節点として交流の場の創出を目指した。
所在地神奈川県藤沢市
用途大学
構造SRC,S造
規模地上16階 地下1階  40155u
竣工年月日2001年12月
賞・入選など神奈川県建築コンクール奨励賞 2002年
代表作品4
作品名トルナーレ日本橋浜町
<作品にはたした役割>
立場総括
業務内容基本設計から工事完成後業務まで
設計監理期間2000年4月〜2005年8月
<作品概要>
プロジェクトの特徴段状の低層部・オフィスのピロティー・広場により豊かな足元を形成、住宅棟は8層毎に強化した構造とこれと連携する特徴的な空中テラスを配置した。
所在地東京都中央区日本橋浜町
用途事務所、集合住宅、商業施設
構造SRC及びS
規模98,400m2
竣工年月日2005年8月
賞・入選などSDA賞、照明普及賞
代表作品5
作品名杉並公会堂
<作品にはたした役割>
立場総括
業務内容コンペから工事完成後業務まで
設計監理期間2003年4月〜2006年1月
<作品概要>
プロジェクトの特徴外周を半透明な皮膜で覆う一方、建物中央に地下2階まで中庭を配し、外部環境と隔絶した光あふれる内部空間を形成した。
所在地東京都杉並区上荻
用途ホール
構造SRC一部S造
規模9,741m2
竣工年月日2006年1月
賞・入選など建築学会作品選集、公共建築賞
代表作品6
作品名西部振興ふれあい拠点(ウエスタ川越)
<作品にはたした役割>
立場総括
業務内容プロポーザルから工事完成後業務まで
設計監理期間2011年6月〜2015年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴‘時が人を結ぶまち川越’の特徴を活かした“魅力的に見せ、賑わい・交流を生む”「魅せ蔵モール」が施設をつなぐ、文化・行政の複合施設。
所在地埼玉県川越市
用途劇場・庁舎・多目的ホール
構造SRC造一部S造
規模40,211m2
竣工年月日2015年3月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築は、彫刻やアートとは異なり、そのものが機能をもち、常に人や社会や環境と関わりを持ち続けます。建設されると、数十年にわたり存在し続け、基本的にこれに安易に修正を加えることは出来ません。これを踏まえ、建築の計画・設計段階においては、周辺環境との関係性や、機能性、クライアントの考えを十分に把握した上で、様々なアイデアや提案性、独自性を盛り込み、将来にわたってこれと関わりをもつ人・社会・環境とよりよい関係を保てる施設となる様、努力しています。
登録建築家番号 20401027 登録建築家資格発行日 2004 年 5 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る