建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
大野 勝 おおの まさる 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 131531 (1979 年 3 月 31 日 登録)
勤務先 (株)佐藤総合計画 取締役専務執行役員 プロジェクト推進本部長
住所 130-0015   東京都 墨田区横網2−10−12  AXSビル
電話番号 03 - 5611 - 7205
FAX 03 - 5611 - 7226
Eメール m_ohno@axscom.co.jp
学歴 1973年3月 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1975年3月 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了
職歴 1975年4月 轄イ藤武夫設計事務所(現轄イ藤総合計画)入社
1996年5月 取締役就任
2002年5月 常務取締役就任 現在に至る
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/展示場施設/屋内体育施設/小・中・高等学校/大学・各種学校/庁舎
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理  
所属団体 社団法人 日本建築家協会(1987年〜)
社団法人 早稲田都市計画フォーラム(1998年〜)
日本コンストラクションマネジメント協会(2001年〜)
社団法人日本建築美術工芸協会(2003年〜)
社団法人 日本建築学会(1998年〜)
受賞履歴 1991年 第32回建築業協会賞(聖籠町町民会館)
1994年 第35回建築業協会賞(宮崎県立芸術劇場)
1995年 第5回公共建築賞(かつしかシンフォニーヒルズ)
1997年 平成8年照明普及賞(鹿児島県庁舎)
2002年 平成13年度佐賀県快適建築賞特別賞(佐賀県立宇宙科学館)
2002年 第8回公共建築賞(米子コンベンションセンタービッグシップ)
2003年 2003年度グッドデザイン賞(上野原縄文の森)
著書・論文 1999年 ホールの搬入スペース、ホワイエ、楽屋、練習室・リハーサル室の評価に関する研究 日本建築学会
代表作品1
作品名聖籠町町民会館
<作品にはたした役割>
立場総括責任者
業務内容基本設計から工事完成後業務まで
設計監理期間1986年12月〜1989年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴町の複合化された公共施設群。体育施設、ホール、図書館を併設。プロムナードを中心(核)に並置。
所在地新潟県北蒲原郡聖籠町
用途多目的ホール、図書館、屋内スポーツ施設
構造RC、一部S造
規模地上4階  11158u 
竣工年月日1989年5月
賞・入選など第32回建築業協会賞  1991年
代表作品2
作品名宮崎県立芸術劇場
<作品にはたした役割>
立場総括責任者
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1989年9月〜1993年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴公園内に専門ホール(コンサートホール+演劇ホール)を設置。公園との関連を重視。
所在地宮崎県宮崎市
用途専用ホール、多目的ホール
構造SRC、RC、S造
規模地上4階 地下1階 21999u
竣工年月日1993年5月
賞・入選など第35回建築業協会賞  1994年
代表作品3
作品名米子コンベンションセンター「ビッグシップ」
<作品にはたした役割>
立場総括責任者
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1994年6月〜1998年1月
<作品概要>
プロジェクトの特徴県西部地区の中核施設。コンベンション機能を中心にホール機能を併せ持つ多機能性を追求
所在地鳥取県米子市
用途多目的ホール、展示場、会議場
構造RC,SRC,S造
規模地上6階 地下1階 18595u
竣工年月日1998年1月
賞・入選など第8回公共建築賞 2002年 
建築に対する考え方 オーナーの建築的要望(ニーズ)に応えることとともに、社会が建築に期待している潜在的要求、(例えば「環境」、「地域性」、「コスト」etc.)に適格に対応することが重要と考える。設計上は場所(敷地)の特性を読みとり、周辺環境との関係性の中から「建築化」するアプローチをしている。
登録建築家番号 20401019 登録建築家資格発行日 2004 年 5 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る