建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
針生 承一 はりう しょういち 東北支部所属
一級建築士登録番号 67887 (1970 年 4 月 30 日 登録)
勤務先 (株)針生承一建築研究所 代表取締役
住所 980-0011   宮城県 仙台市青葉区上杉1-10-25-501  ハイネス上杉
電話番号 022 - 263 - 3580
FAX 022 - 263 - 8221
Eメール sho@shaa-architecture.com
ホームページURL http://www.shaa-architecture.com/
学歴 東北大学工学研究科修士課程修了(建築計画学) 1968年修了
職歴 1968年4月〜1981年3月 株式会社第一工房
 博物館・地域計画及び福祉施設・大学・通産省公害資源研究所等の設計監理に携わる。
1981年10月針生承一建築研究所を開設
1984年4月株式会社針生承一建築研究所に改組 代表取締役として現在に至る。 
教職歴 1993〜2000東北大学工学部建築学科
1998〜現在東北芸術工科大学デザイン学部環境デザイン学科
2001〜現在東北学院大学工学部土木学科
2001〜2004宮城学院女子大学生活文化学科:非常勤講師
2004年4月宮城学院女子大学学芸学部生活文化学科教授
専門領域
用途種別
関連分野
業務種別

資格・学位等 工学修士(建築計画学)
一級建築士
所属団体 1987年 社団法人日本建築家協会
1994年 社団法人日本都市環境デザイン協会
1997年 日本建築学会 
2003年 社団法人日本医療福祉建築協会
2001年 森林との共生を考える会
受賞履歴 1997年 日本建築学会選奨(名取市斎場)
1996年 日本建築学会作品選集(太白ありのまま舎)
1989年 東北建築賞作品賞(中新田町営並柳住宅)共同設計
1989年 東北建築賞作品賞佳作(蔵の郷土館斎理屋敷)
1991年 東北建築賞作品賞(宮崎町陶芸の里)
1991年 東北建築賞作品賞佳作(仙台ありのまま舎)
1994年 東北建築賞作品賞(七ヶ浜国際村)
1998年 東北建築賞作品賞(丘の家−シオンの園・子供ホーム)
2001年 BCS賞(宮城スタジアム)共同設計
2004年 公共建築賞優秀賞(七ヶ浜アクアリーナ・サッカー場)
1992年 宮城県陸上競技場公開コンペ最優秀共同設計
著書・論文 1998年 際の美学を目指してworks
2002年 WORKS 1988-2002   
社会活動 住まいをつくる建築家ネットワークを作り、住宅展の開催、住宅相談コーナーを設ける等
建築家を理解して貰い、広く市民と交流するための運動としている。
代表作品1
作品名名取市斎場
<作品にはたした役割>
立場全体の統括
業務内容基本設計から工事完成業務まで
設計監理期間1993年5月〜1995年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴周辺の風景を取り込み静粛な旅立ちを示唆する葬送空間
所在地宮城県名取市小塚原新鍋島159‐2
用途火葬場
構造RC壁式構造 一部S造
規模平屋建一部2階建  2.136m2
竣工年月日1995年4月10日
賞・入選など日本建築学会作品選奨(1997年)
代表作品2
作品名七ヶ浜国際村
<作品にはたした役割>
立場全体の統括
業務内容企画から工事完成業務まで
設計監理期間1990年8月〜1993年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴町民の参加で七ヶ浜らしさを育てる国際交流・文化施設
所在地宮城県七ヶ浜町花渕浜字大山1−1
用途劇場・セミナーハウス・レストラン
構造RCラーメン構造 一部S造
規模平屋建一部3階建  4,777m2
竣工年月日1993年3月25日
賞・入選など東北建築賞作品賞(1994年)公共建築100選
代表作品3
作品名宮城スタジアム
<作品にはたした役割>
立場代表建築家(共同設計)
業務内容コンペ最優秀の上、企画から工事完成業務及びW杯開催会場整備まで
設計監理期間1993年5月〜2000年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴ハレとケに開かれた競技場、2000年宮城国体メイン会場・2001年FIFA・W杯日本韓国大会宮城会場
所在地宮城県利府町菅谷館40-1
用途競技場
構造SRC造 一部S造
規模7階建塔屋1階  57,564m2
竣工年月日2000年5月18日
賞・入選などBCS賞(2001年)
建築に対する考え方 設計を進める前提として、時間・空間・人間という3つの間合いをいかに統合し、形態及び機能を顕在化させるか。歴史的視点・自然生物的観点及びコミュニティー的観点とも置き換えられるこれらの領域を区分する間合いを際と呼ぶとします。際は点・線・面・量塊・空間によって構成されることになります。この際の捉え方や設定が空間を構成していくと考え、なだらかに連続する際の空間が、単体の象徴としての建築空間ではなく、新しい象徴的な空間として捉え直す事が出来るという前提で設計しています。
登録建築家番号 20401638 登録建築家資格発行日 2004 年 11 月 1 日
    登録建築家資格最終更新日 2017 年 4 月 1 日
戻る