建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
大塚 隆 おおつか たかし 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 82840 (1973 年 7 月 10 日 登録)
勤務先 TAK Studio 
住所 158-0082   東京都 世田谷区等々力6-7-21-304  
電話番号 03 - 6809 - 7039
FAX 03 - 6809 - 7039
学歴 1969年 東京大学工学部建築学科 卒業
1971年 同 修士課程修了
1978年 カリフォルニア大学バークレー校環境デザイン学部建築科 修士課程修了
職歴 1971年 日建設計入社
1977年 ポール・ルドルフ事務所(ニューヨーク)
1978年 HOK事務所(ニューヨーク)
1979年 日建設計復職
1983年 設計部設計主管
1993年 設計部長
1997年 設計室長
2001年 理事 国際業務室室長
2003年 理事 NSIシンガポール支店長兼務
専門領域
用途種別
他の教育文化施設/事務所/商業施設/庁舎/その他 /東京湾横断道路「海ほたる」
関連分野
業務種別
設計・監理  
資格・学位等 一級建築士、インテリア・プランナー、ファシリティ・マネジャー、建築修士(東京大学建築 カリフォルニア大学バークレー校建築)
所属団体 日本建築家協会(1987年〜 )  
日本建築学会 (1972年〜 )
受賞履歴 イスラム開発銀行コンペ(ジェッダ): 1983年
東京住友ツインビル  :BCS賞特別賞1988年
同 住友海上本店   :インテリジェントアワード優秀賞 1988年
綜通横浜ビル     :横浜街並み景観賞(壁面保存)  1996年
           :東京建築賞  1997年
           :北米照明学会賞(近田玲子研究所協同)1995年
ソリッドスクエア   :神奈川県下優良建築物表彰奨励賞 1995年
さいたま新都心合同庁舎:日経ニューオフィス賞      2000年
著書・論文 建築設計のクォリティ・マネジメント(日本規格協会 共著)
建築設計VEマニュアル(日本バリュー・エンジニアリング協会)
社会活動 JIA国際交流委員会委員長 1994年〜1995年
JIA本部国際委員会顧問  1995年〜1996年
JIAラージファーム懇談会分科会委員 1995年〜1996年
代表作品1
作品名さいたま新都心合同庁舎
<作品にはたした役割>
立場副総括責任者
業務内容建築設計
設計監理期間1993年10月〜2000年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴国の機関移転の象徴 街創りに貢献する庁舎 自然との共生
所在地埼玉県さいたま市
用途合同庁舎
構造鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上31階、地下3階 延べ面積256,436m2
竣工年月日2000年4月
賞・入選など建設省営繕工事設計コンクール官庁営繕部長賞(2000年)/日経ニューオフィス推進賞(2000年)
代表作品2
作品名ソリッドスクエア
<作品にはたした役割>
立場総括責任者
業務内容建築設計 官庁折衝 監理
設計監理期間1988年11月〜1995年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴巨大水盤のあるアトリウムをはさむツインタワーオフィス
所在地神奈川県川崎市幸区
用途オフィスビル
構造鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上24階、地下2階 延べ面積168,903m2
竣工年月日1995年4月
賞・入選など神奈川県下優良建築物表彰奨励賞(1996)他
代表作品3
作品名東京住友ツインビルディング
<作品にはたした役割>
立場意匠担当主任技術者
業務内容建築設計・監理
設計監理期間1985年4月〜1988年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴大川端開発第1号 異なる用途・規模・平面の同印象ツイン
所在地東京都中央区
用途住友海上本社と住友不動産貸しビル
構造鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上24階、地下3階 延べ面積128,097m2
竣工年月日1987年2月
賞・入選などBCS賞特別賞(1989年)/インテリジェントアワード優秀賞(1988年)
建築に対する考え方 美しくあれ。機能的であれ。快適であれ。
自然に敏感であれ。さりげなく自然体であれ。

大規模な計画ほど、多様な組織、集団、チーム、施工者、居住者、近隣 官庁など利害の対立する多くの人々がかかわる。 出資した人、そこに過ごす人、訪れる人、町の背景として眺める人、計画・建設にたづさわる人みんなが、かかわることで満足感を味わえる空間づくり、合意のプロセスを心がけてきた。
登録建築家番号 20400703 登録建築家資格発行日 2004 年 5 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る