建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
明智 克夫 あけち かつお 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 33175 (1960 年 12 月 15 日 登録)
勤務先 (株)榎本建築設計事務所 代表取締役会長
住所 260-0854   千葉県 千葉市中央区長洲2−8−5  (株)榎本建築設計事務所
電話番号 043 - 227 - 9346
FAX 043 - 225 - 225
Eメール k-akechi@enomotosekkei.co.jp
学歴 武蔵工業大学建築科
職歴 1958年  榎本建築設計事務所 入所
1966年  同上        代表取締役専務
1971年  同上        代表取締役社長
1997年  同上        代表取締役会長 現在に至る
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/美術館/博物館・資料館/展示場施設/屋内体育施設/屋外競技場施設/レク・公園施設/幼稚園/小・中・高等学校/大学・各種学校/盲・ろう・養護学校/宗教建築/他の教育文化施設/保育所/老人福祉施設/障害者福祉施設/他の福祉施設/病院/診療所・医院/保健所/他の医療施設/事務所/試験・研究施設/宿泊施設/商業施設/情報通信施設/交通施設/流通施設/工場・倉庫/農林水産施設/他の産業施設/保安防災施設/他の行政施設/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/寄宿舎・寮/他の住宅/設備関係施設
関連分野
業務種別
設計・監理   工事監理  
耐震診断  
資格・学位等 一級建築士
所属団体 建築士会・建築士事務所境界・日本建築学会・千葉県建築家協会
福祉まちづくり学会・千葉県耐震判定協議会・日本建築家協会
千葉県建築相談協議会
受賞履歴 1969年 日本建築士会連合会 設計競技にて金賞
1988年 日本建築士会連合会 奨励賞
1989年 日本建築士会連合会 会長表彰
1992年 千葉県知事     知事表彰(都市功労)
1992年 千葉地方裁判所   裁判所長表彰(民事調停永年功労)
1997年 建設省       建設大臣表彰
1999年 東京高等裁判所   裁判所長表彰(民事調停永年功労)
2003年 国土交通省     国土交通大臣表彰
2003年 内閣総理大臣    旭日双光章




著書・論文 2003年 「古都巡礼・風におされて」自費出版
社会活動 JIA関東甲信越支部幹事・JIA関東甲信越支部業務委員長
日本建築士会連合会理事・連合会情報広報委員長
千葉県建築士会会長・日本建築学会関東支部千葉支所長
千葉県建設工事紛争審査会会長代理・千葉地裁民事調停委員
同専門委員・司法委員・千葉県建築文化賞選考委員
代表作品1
作品名千葉県立千葉商業高等学校
<作品にはたした役割>
立場管理
業務内容統括
設計監理期間1998/9〜2003/12
<作品概要>
プロジェクトの特徴敷地の有効利用と近隣住宅地への配慮を重視した建物形態
所在地千葉市
用途商業高校校舎・体育館
構造RC造一部S造
規模15,793m2
竣工年月日2003/12
賞・入選など
代表作品2
作品名大多喜町立大多喜小学校
<作品にはたした役割>
立場管理
業務内容統括
設計監理期間1993/4〜1996/12
<作品概要>
プロジェクトの特徴地域性を活かした学習環境・城との対話を重視した校舎
所在地大多喜町
用途小学校
構造RC造一部木造2階建
規模3,964m2
竣工年月日1996/12
賞・入選など甍賞・千葉県建築文化賞受賞
代表作品3
作品名昭和村・特別養護老人ホーム・経費老人ホーム
<作品にはたした役割>
立場管理
業務内容統括
設計監理期間2002/4〜2004/12
<作品概要>
プロジェクトの特徴大規模複合施設・周辺環境との共生を目指した福祉施設
所在地市原市
用途老人福祉施設
構造RC造2階建
規模7,124m2
竣工年月日2004/12
賞・入選など
建築に対する考え方 事務所創設より55年間の歴史の中で培ってきた経験をもとに、地域に根ざした良好な建築文化づくりに取り組んできた。             公共建築には、地域の文化や伝統を守り、育てるという視点が欠かせない。効率重視から環境主義へデザインや考え方を転換していく必要がある。  特に、建築は景観形成や風景を創る重要な要素であり、それだけに建築家に課せられた責任は重い。そして、設計者選定における入札制度を廃止して、プロポーザルまたはQBS方式に改善すべきである。
登録建築家番号 20401686 登録建築家資格発行日 2005 年 4 月 1 日
    有効年月日 2022 年 3 月 31 日
戻る