建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
苅谷 邦彦 かりや くにひこ 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 109839 (1977 年 2 月 28 日 登録)
勤務先 (株)山下設計 東京本社
住所 103-8542   東京都 中央区日本橋小網町6−1               
電話番号 03 - 3249 - 1501
FAX 03 - 3249 - 1589
ホームページURL http://www.yamashitasekkei.co.jp/
学歴 東京大学工学部建築学科 1974年3月卒業
職歴 1974年4月〜現在
(株)山下設計にて、文化会館・オフィスビル・電算センター・教育研究施設・集合住宅・工場等の設計に携わる。
専門領域
用途種別
社会教育・研修施設/図書館/屋内体育施設/小・中・高等学校/大学・各種学校/事務所/試験・研究施設/工場・倉庫/庁舎/寄宿舎・寮
関連分野
業務種別
設計・監理  
建設マネージメント(PM・CM等)  
資格・学位等 インテリアプランナー/(暫定)日本CM協会認定コンストラクションマネジャー/BIS認定プロジェクトマネジャー
所属団体 日本建築家協会
日本コンストラクションマネジメント協会
受賞履歴 1992年 第3回公共建築賞 優秀賞
2002年 第15回日経ニューオフィス賞 ニューオフィス情報賞
2003年 第16回日経ニューオフィス賞 ニューオフィス情報賞
著書・論文 特になし
社会活動 特になし
代表作品1
作品名マクセル東京ビル
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1999年7月〜2002年9月
<作品概要>
プロジェクトの特徴本格的に総合マネジメント型ピュアCM方式採用
所在地東京都千代田区飯田橋
用途本社オフィスビル
構造地下SRC造地上S造 制震構造
規模地下1階地上13階塔屋1階延床19,109u
竣工年月日2003年9月
賞・入選など第16回日経ニューオフィス賞ニューオフィス情報賞
代表作品2
作品名日本海事協会情報センター
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1998年10月〜2001年6月
<作品概要>
プロジェクトの特徴自然採光・自然通風を重視した郊外型オフィス
所在地千葉市緑区大野台
用途情報センター
構造RC造 免震構造
規模地上4階 延床5,548u
竣工年月日2001年6月
賞・入選など第15回日経ニューオフィス賞ニューオフィス情報賞
代表作品3
作品名音更町文化センター
<作品にはたした役割>
立場意匠設計主任
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1983年9月〜1986年2月
<作品概要>
プロジェクトの特徴豊かな風土に開放された屋外ステージを持つ多目的ホール+公民館
所在地北海道音更町木野西通り
用途多目的ホール+公民館
構造RC造一部S・SRC造
規模地下1階地上3階延床5,595u
竣工年月日1986年2月
賞・入選など第3回公共建築賞 優秀賞
代表作品4
作品名政策研究大学院大学
<作品にはたした役割>
立場全体統括(山下設計・リチャードロジャース設計共同体)
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間2000年12月〜2005年2月
<作品概要>
プロジェクトの特徴施工段階以降PFI方式採用
所在地東京都港区六本木
用途行政官・政策アナリスト養成の独立大学院(政策研究員)
構造PCaPC、RC一部SRC造 制震構造
規模地上14階塔屋1階 延床31,922m2
竣工年月日2005年2月
賞・入選など
代表作品5
作品名東京工芸大学「ORANGE」
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間2003年3月〜2004年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴既存体育館の外観を残し入れ子細工でデザイン工房にコンバージョン
所在地神奈川県厚木市
用途芸術学部校舎(デザイン工房)
構造RC、S造
規模地上2階 延床1,987m2
竣工年月日2004年3月
賞・入選など2004年インテリアプランニング賞・建築技術教育普及センター理事長賞
代表作品6
作品名厚生労働省上石神井庁舎電算棟
<作品にはたした役割>
立場意匠設計主任技術者
業務内容基本設計から工事完了後業務まで
設計監理期間2000年1月〜2004年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴細長い敷地を有効活用した住宅地に建つ中間免震構造の電算センター
所在地東京都練馬区
用途電算センター
構造SRC一部S造、地下:RC造
規模地下2階、地上3階 延床10,166m2
竣工年月日2004年12月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築家は、他の芸術と異なり、施主の費用で創造した作品を、著作権保護の下、社会に対し自己の作品として発表できます。しかし施主の意図や社会のニーズを無視し自己主張に走ったかと思われる作品により、建築家として大きな評価を得ようとする利己的意図が見えることもあります。施主は建物を建てることで社会に責任を負い、建築家は、建物を建てることで施主と社会に責任を負います。建築家こそが、施主と社会の間の良きコーディネーターでなければと思います。
登録建築家番号 20400367 登録建築家資格発行日 2004 年 4 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る