建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
今川 憲英 いまがわ のりひで 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 113753 (1977 年 5 月 31 日 登録)
勤務先 (株)TIS&PARTNERS 
住所 101-0051   東京都 千代田区神田神保町1-6-1  タキイ東京ビル8F
電話番号 03 - 5217 - 2611
FAX 03 - 5217 - 2677
Eメール norihide.imagawa@gmail.com
ホームページURL http://www.tis-partners.co.jp/
学歴 日本大学理工学部建築学科      1969年3月卒業
東京大学生産技術研究所川股研究室  1969年4月〜1970年3月
職歴 1970年4月〜77年10月 (株)構造設計集団(S.D.G.)
1978年4月1日      (株)ティ・アイ・エス エンド パートナーズ
                設立。
2007年5月1日〜     (株)TIS&PARTNERSに商号変更。現在に至る。
           
教職歴 1999年10月〜        東海大学大学院非常勤講師
2000年 4月〜        東京電機大学大学院工学部建築学科教授
2000年 9月〜        京都工芸繊維大学造形工学科非常勤講師
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/美術館/博物館・資料館/植物園・水族館/展示場施設/屋内体育施設/屋外競技場施設/レク・公園施設/幼稚園/小・中・高等学校/大学・各種学校/保育所/老人福祉施設/他の福祉施設/病院/診療所・医院/他の医療施設/事務所/宿泊施設/商業施設/工場・倉庫/庁舎/他の行政施設/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/その他
関連分野
業務種別
再開発・地区整備  
耐震診断  
資格・学位等 専攻建築士(設計・構造)
APEC ENGINEER(Structural)
建築構造士
所属団体 社団法人 日本建築家協会   
社団法人 日本建築構造技術者協会
社団法人 日本建築学会
社団法人 東京建築士会
国際シェル・空間構造学会
日本構造家倶楽部
受賞履歴 1993年 住宅建築賞(MINT HOUSE)
1994年 松井源吾賞(石打ダム資料館)
1999年 日本建築学会賞(業績部門)
1999年 IASS TSUBOI AWARD(論文 Structural Design Binding Material and Space)
2001年 日本建築学会作品選奨(太田市総合ふれあいセンター)
2003年 土木学会景観・デザイン賞優秀賞(多摩都市モノレール)
2004年 建築業協会賞(BCS賞)特別賞(横浜赤レンガ倉庫)
2005年 日本建築家協会優秀建築選「西合志町保健福祉センター」
2007年 日本建築学会賞(業績部門)「国際文化会館の保存再生」
著書・論文 1990年 TIMBER COMPANION
      〜木による構造空間へのアプローチ〜
1999年 Structural Design Binding Material and Space
社会活動 「住まいのクリニックセミナー」
耐震偽装に大きな関心がよせられ、日本のどこで地震が起きてもおかしくないといわれる中で、『あなたの住まいは安全か?』をテーマに、専門団体の協力のもと地方都市をまわり、地震で生き延びるための方法、建築寿命を延ばす方法を伝授するセミナーを開催中。
代表作品1
作品名MINT HOUSE
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間1990年〜1991年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴単純な板の構成のみで空間の動線を限りなく簡明にして平易に出来る空間を、仮設なしで厚い壁と床、梁と柱のない構造で実現(厚肉床壁構造:略称 TWFS−NT)
所在地東京都稲城市
用途住宅
構造RC
規模B1+2F 120u
竣工年月日1992年4月
賞・入選など1993年 住宅建築賞
代表作品2
作品名東京銀座資生堂ビル
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間1997年9月〜2000年8月
<作品概要>
プロジェクトの特徴将来の空間の変更が可能な空間の骨格を、2層1パッケージの空間として計画。その骨格として制震パネルを内蔵したシングルチューブ構造を採用。
所在地東京都中央区
用途パーラー・ホール・ギャラリー
構造S+RC(地下)
規模B2+11F  3,819u
竣工年月日2001年3月
賞・入選など2002年 東京建築賞
代表作品3
作品名WAYANG WINDU地熱発電プラント
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間1996年11月〜2000年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴地熱発電所はタービンの解体・増設が不可欠の空間であり、その空間を単純な部材の構成で大スパンを実現できるハイブリッドテンション構造(HTS)で実現。
所在地INDONESIA WEST JAVA
用途地熱発電所
構造
規模3F 5,500u + 3F 1,800u
竣工年月日2000年8月
賞・入選など
代表作品4
作品名横浜赤レンガ倉庫
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間1号棟:1999.4〜2001.6 2号棟:2000.3〜2001.12
<作品概要>
プロジェクトの特徴妻木頼黄設計「赤レンガ倉庫」を保存し活用する改修プロジェクト。素材をより長く使用する為に煉瓦亀裂の目地にエポギシ樹脂を注入し煉瓦母材強度以上にした
所在地神奈川県横浜市
用途1号棟:劇場・展示・物販・飲食店 2号棟:物販・飲食店
構造組石造、一部鉄骨造
規模地上3F 延面積:1号棟5,775.5u、2号棟10,755.0u
竣工年月日2002年(耐震改修)
賞・入選などグッドデザイン賞,照明普及賞,Ecobuild賞大賞,BELCA賞,学会業績賞,BCS賞,公共建築賞,UNESO Asia-PacificHertage
代表作品5
作品名箱根彫刻の森美術館ネットの森
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間2007年9月〜2009年7月(監理は2009年1月〜7月)
<作品概要>
プロジェクトの特徴金物を一切使用しない伝統的な木組を手本としたローテグリティジョイントによって組み上げられた木造の組積ドーム。
所在地神奈川県足柄郡
用途アート作品
構造木造+ナイロンネット
規模地上1階 長辺34.06m 短辺23.54m
竣工年月日2009年
賞・入選など2011年こども環境学会デザイン奨励賞
代表作品6
作品名MINT HOUSE(その後)
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容設計及び監理
設計監理期間1990年〜1991年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴単純な板の構成のみで空間の銅線を限りなく簡明にして平易に出来る空間を、仮設なしで厚い壁と床、梁と柱にない構造で実現(厚肉床壁構造:略称TWFS-NT)
所在地東京都稲城市
用途住宅
構造RC
規模B1+2F 120u
竣工年月日1992年4月
賞・入選など1993年4月住宅建築賞
建築に対する考え方 建築は、特定・不特定の人間と特定の環境から具現化される空間である。そして建築の本質は、「より長く時間を継いでこそ建築である」と認識している。すなわち建築の長寿を実現するのが私のデザイン認識と確信している。また、建築とその架構の長寿の実現は、架構の素材と接合部のデザイン良否によって決まる。この建築接合部が具現化される時、その空間がより長く時間を継ぐ建築であると考えている。
登録建築家番号 20401257 登録建築家資格発行日 2004 年 11 月 1 日
    有効年月日 2020 年 3 月 31 日
戻る