建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
本間 利雄 ほんま としお 男   東北支部所属
一級建築士登録番号 29226 (1959 年 2 月 20 日 登録)
勤務先 (株)本間利雄設計事務所 代表取締役
住所 990-0021   山形県 山形市小白川町4−13−12  
電話番号 023 - 641 - 7711
FAX 023 - 633 - 2415
Eメール homma@thaa.co.jp
ホームページURL http://www.thaa.co.jp
学歴 山形県立米沢工業高等学校建築科 1949年卒業
職歴 1949年4月〜1951年3月(株)本間建設にて大工・塗装等を修業
1952年4月〜1962年3月(株)羽田他所夫設計事務所入所〜取締役
1962年4月 本間利雄設計事務所開設(事務所登録は6月)
1970年4月 株式会社に改組。代表取締役として現在に至る。
1975年6月 地域環境計画研究室を併設。
1985年  (株)ホンマ・アーキライフを設立し、代表取締役につく。
2000年  (株)東北地域環境研究室を設立し、代表取締役につく。
教職歴 1995年〜2000年 東北芸術工科大学非常勤講師
専門領域
用途種別
劇場・会議場/社会教育・研修施設/図書館/美術館/博物館・資料館/展示場施設/屋内体育施設/屋外競技場施設/レク・公園施設/幼稚園/小・中・高等学校/大学・各種学校/宗教建築/保育所/老人福祉施設/障害者福祉施設/病院/診療所・医院/保健所/事務所/試験・研究施設/宿泊施設/商業施設/交通施設/流通施設/工場・倉庫/庁舎/一戸建住宅/低層長屋・共同住宅/中高層住宅/寄宿舎・寮
関連分野
業務種別
設計・監理  
改修  
資格・学位等 一級建築士
所属団体 社団法人日本建築家協会/社団法人日本建築学会/社団法人日本建築美術工芸協会/社団法人日本医療福祉建築協会/社団法人公共建築協会/社団法人山形県建築士会/社団法人山形県建築士事務所協会
受賞履歴 1988年 第8回東北建築賞・作品賞(小国町役場)
1989年 第1回仙台市都市景観賞・建築都市緑化部門(御譜代町”笹生の里”)
1990年 第10回東北建築賞・作品賞(山形市総合スポーツセンター)
    第31回BCS賞(山鹿市山形市総合スポーツセンター)
1991年 第11回東北建築賞・作品賞(山寺風雅の国)
1992年 第12回東北建築賞・作品賞(小国町立伊佐領小学校)
1993年 第13回東北建築賞・作品賞(東北芸術工科大学)
1995年 第36回BCS賞(川西町フレンドりープラザ)
1998年 山形駅西文化施設設計プロポーザル選定
著書・論文 1991年 まちづくりを意識した庁舎建築のあり方、建築設計資料第35号「庁舎」
社会活動 山形県経営者協会副会長/山形美術館顧問/最上義光記念館評議員/山形コロニー協会後援会長/社会福祉法人山形いのちの電話後援会名誉会長/山形県郷土館友の会会長/山形県倫理法人会名誉会長
代表作品1
作品名小国町役場
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本計画から工事完成後業務まで
設計監理期間1984年12月〜1986年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴地域文化の象徴的遺産となる住民サービスの中枢
所在地山形県西置賜郡小国町
用途庁舎
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模地下1階、地上4階、延床面積5,475m2
竣工年月日1986年5月
賞・入選など第8回東北建築賞・作品賞(建築学会東北支部)
代表作品2
作品名川西町フレンドリープラザ
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1991年11月〜1994年7月
<作品概要>
プロジェクトの特徴地域的・風土的表現を活かした文化交流拠点
所在地山形県東置賜郡川西町
用途図書館+劇場(興行場)
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上3階、延床面積4,618m2
竣工年月日1994年8月
賞・入選など第36回BCS賞
代表作品3
作品名東北芸術工科大学
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容基本設計の見直しから工事完成後業務まで
設計監理期間1990年6月〜1992年8月
<作品概要>
プロジェクトの特徴東北山形らしい雄大さを持つ創造的拠点
所在地山形県山形市
用途大学
構造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模地上9階、延床面積30,366m2
竣工年月日1992年8月
賞・入選など第13回東北建築賞・作品賞(建築学会東北支部)
代表作品4
作品名水源(みず)の郷交流館〔総合交流拠点施設〕
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間2004年11月〜2005年10月
<作品概要>
プロジェクトの特徴山間・豪雪地域の農業振興・交流拠点
所在地山形県西置賜郡小国町叶水
用途食堂・売店・地区集会所
構造木造
規模地上1階、延床面積 366.04m2
竣工年月日2005年10月
賞・入選など
代表作品5
作品名山形医学交流会館
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間2005年7月〜2006年6月
<作品概要>
プロジェクトの特徴山形大学医学部創立30周年を記念する医学交流・教育の場
所在地山形県山形市
用途医学研究に関する教育施設
構造鉄骨造
規模地上2階、延床面積 546.397m2
竣工年月日2006年6月
賞・入選など
代表作品6
作品名山形メディアタワー(山形新聞・山形放送会館)
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間2002年3月〜2007年4月
<作品概要>
プロジェクトの特徴県都・山形の歴史と場所の文脈を新たに紡ぐ先進的情報拠点
所在地山形県山形市
用途事務所(新聞・テレビラジオ番組の制作)
構造鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模地上9階 、地下2階、塔屋1階 延床面積 14047.69u
竣工年月日2007年4月
賞・入選など
建築に対する考え方 東北・山形では自然の景観や農村的景観が支配的で、そこに固有の文化性、風土性、生態学的特色が見て取れる。その脈絡を意識した建築づくりが肝要であり、場所それぞれの資質・歴史的背景・文化的基盤にこだわることが課題である。生活の場としている東北・山形の地域・風土への愛着を基本にその景観の美しさを守り育てながら、機能を満たすだけではない、人間の心の奥深いところへ語りかけ、喜びや希望を形にする行為として建築を考えたい。
登録建築家番号 20400037 登録建築家資格発行日 2004 年 4 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る