建築家資格制度 社団法人 日本建築家協会
 
 
建築家資格制度とは 申請ページ 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付 建築家実務訓練生受付
 
登録建築家詳細
久米 大二郎 くめ だいじろう 男   関東甲信越支部所属
一級建築士登録番号 98864 (1976 年 2 月 20 日 登録)
勤務先 (株)iDP  
住所 160-0017   東京都 新宿区左門町9-18  
電話番号 03 - 6457 - 4745
FAX 03 - 6457 - 4746
ホームページURL http://www.idp-z.com
学歴 東京大学工学部建築学科 1973年3月卒業
職歴 1973年4月〜2001年6月 三菱地所株式会社第一建築部、第三建築部、建築設計第一部、建築業務部、都市計画事業室にて建築設計監理の実務に従事

2001年7月〜2008年2月 株式会社三菱地所設計の分社独立に伴い、第一設計部長、常務執行役建築設計部長
     
2008年4月 株式会社iDPを設立し現在にいたる 
専門領域
用途種別
社会教育・研修施設/図書館/展示場施設/屋内体育施設/幼稚園/小・中・高等学校/大学・各種学校/宗教建築/事務所/宿泊施設/商業施設/交通施設/流通施設/中高層住宅
関連分野
業務種別

建設マネージメント(PM・CM等)  
資格・学位等 認定ファシリティマネジャー 第0022797-03号 (ファシリティマネージメント資格制度協議会)
所属団体 社団法人日本建築家協会(1987年〜)
社団法人日本建築学会(1995年〜)
受賞履歴 1985年 東京ガスビルディング(浜松町ビル)BCS特別賞
1990年 海のプラザ<日本海ミュージアム>基本デザイン競技設計 選定
1996年 第14回長浜市風格賞 努力賞(明治生命長浜支社)
1999年 九州大学新キャンパスマスタープラン策定業務公募型プロポーザル 特定
著書・論文 2000年 日本建築家協会編建築実施設計図書作成基準(共同執筆) 彰国社
社会活動 東京都防災ボランティア応急危険度判定員
代表作品1
作品名仙台白百合学園
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1993年4月〜1998年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴幼稚園、小学校、中高等学校、修道院等の学園全体の郊外移転事業
所在地宮城県仙台市泉区
用途幼稚園、小学校、中高等学校、聖堂、修道院
構造RC、SRC、S造
規模B1F−4F/34,631m2
竣工年月日1998年2月
賞・入選など
代表作品2
作品名農林中金昭島センター
<作品にはたした役割>
立場設計チーフ、設計担当
業務内容企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1992年4月〜1996年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴郊外に立地する金融機関の事務所と電算センター
所在地東京都昭島市
用途事務所(電算センター)
構造SRC造
規模B1F−6F/36,586m2
竣工年月日1996年3月
賞・入選など
代表作品3
作品名東京ガスビルディング(浜松町ビル)
<作品にはたした役割>
立場意匠設計担当者
業務内容実施設計から工事完成後業務まで
設計監理期間1981年6月〜1984年3月
<作品概要>
プロジェクトの特徴企業の本社ビルと地域冷暖房施設 都市計画(特定街区)
所在地東京都港区
用途事務所
構造SRC、S造
規模B2F−27F/78,564m2
竣工年月日1984年2月
賞・入選などBCS特別賞
代表作品4
作品名九州大学新キャンパス(伊都)マスタープラン、ウェスト3.4号館
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容新キャンパスマスタープラン作成とウェスト3・4号館の設計業務
設計監理期間1999年12月〜2002年12月
<作品概要>
プロジェクトの特徴キャンパス移転に伴い、約275haの新キャンパス予定地マスタープランを作成し、最初の建物となるウェスト3・4号館の設計を行った
所在地福岡市西区元岡
用途大学
構造SRC、S
規模55,478m2
竣工年月日2005年5月
賞・入選など平成13年度土木学会環境賞(2グループ)
代表作品5
作品名明治生命館街区再開発計画(明治安田生命ビル)
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容開発検討、企画から工事完成後業務まで
設計監理期間1999年4月〜2004年8月
<作品概要>
プロジェクトの特徴重要文化財である明治生命館を保存し、明治安田生命ビルを隣接して新築した。歴史的建築物と現代都市建築のスケールが共存する都心街区を創出した。
所在地東京都千代田区丸の内
用途事務所、商業施設
構造SRC、S
規模147,134m2
竣工年月日2004年8月
賞・入選など日本建築家協会2005年優秀建築選、2006年グッドデザイン賞、第16回aaca賞
代表作品6
作品名国際文化会館本館改修増築
<作品にはたした役割>
立場全体統括
業務内容企画から完成後業務まで
設計監理期間2004年6月〜2006年5月
<作品概要>
プロジェクトの特徴前川、坂倉、吉村3氏共同設計の国際文化会館を耐震補強・機能更新し、ホールを既存の地下に新設するなど、近代建築を再生しつつ現代の要請に応えた。
所在地東京都港区六本木
用途会館施設
構造RC、S
規模6,722m2
竣工年月日2006年5月
賞・入選など
建築に対する考え方 建築的価値は経済性、文化性や社会性など様々な側面を持ちます。多くの場合、設計の初期段階では、何を実現するかについては大まかな形しか示されていません。設計者として常に心すべきは、表面的に示された課題の中に、中心となるテーマや概念を探索し、これを発注者や建築の利用者に対して分かり易く提示し共有するコミュニケーション力です。これこそ、建築設計のコアとなる、<形>を発見し成長させる柔軟で協働的な過程であり、建築的価値を創造するために欠くことの出来ないプロセスです。
登録建築家番号 20400001 登録建築家資格発行日 2004 年 4 月 1 日
    有効年月日 2019 年 3 月 31 日
戻る